ストキャスティックス
テクニカル分析講座に戻る

ストキャスティックス

もともと「確率」や「推計」という意味で、オシレーター系指標です。
コンセプトは%Rとほぼ同じですが、異なるのは%Kと%Dと呼ばれる2本のラインを用いるところで、米国ではポピュラーな存在です。

分析のポイントは、%Kと%Dの位置関係(買われ過ぎ・売られ過ぎ)を図り、%Dの位置と価格を比較することです。ストキャスティックスにはより敏感なファーストと、ファーストをさらに3日平均したスローの2種類があります。

ストキャスティックス図

ストキャスティックスの特徴

長所
「逆行現象」によりトレンドの転換を確認できるため、売買シグナルの信頼度は高い。

短所
%Kと%Dの関係が重要であるため70%以上では売り、30%以下は買いというような表面的な数値のみの判断は禁物です。

また、ファースト・ストキャスティックスの場合、%Kと%Dのクロスによるシグナルは3回繰り返すと信頼度がアップするとされているが、スロー・ストキャスティックスの場合は敏感さに欠けるため、クロス3回の法則は採用すべきではありません。

特徴
0〜100%までの間で上下する%Kと%Dが、それぞれ70%以上であれば直近レンジのレジストラインに近づいていることを表し、30%以下であれば、直近レンジのサポートラインに近づいていることを示します。

(1)%Kが先に方向転換して%Dとクロスした場合
(2)%Dが%Kに遅行して方向転換し、%Kとクロスした場合

を売買サインとします。(1)と(2)では(2)の方がサインとしての信頼性がありますが、さらに信頼度の高い売買サインは、%Dと価格との「逆行現象」が起きた時に現れます。

(A)%Dが70以上で価格が上昇しているとき、%Dが下げ始めた時、相場は頭打ち、トレンドは弱気に転換します。

(B)%Dが30以下で価格が下落中に%Dが上げ始めたとき、相場は底入れ、トレンドは強気に転換します。

こうした動きの後、前述の(2)のケースとなればその売買サインはかなり信頼できます。



この資料は情報提供を目的として作成しており、情報の内容について最善を尽くすよう努力しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。